アスベスト除去や防火対象物点検【健康と安全保護レンジャー】

一軒家

電動に変更する

室外シャッターの価格帯

作業員

事務所やオフィスなど、法人向け事業所においてはシャッターによる窓開けを行うケースが多く、小規模事務所などにおいては手動で開閉するケースも多いのが実情です。しかし近年、リモコン1つでシャッター操作が可能となる電動化にできる工事依頼を行う方々が増えており、手動のシャッター本体を再利用させる電動化が注目されています。再利用するタイプの平均価格としてはモーター本体が10万円程度であり、工事費などの諸費込みでの場合には1台あたり20万円前後というのが現在の相場となっています。各種シャッターメーカーによって多少の差が生じますが、再利用の場合には新しく設置するよりも3分の1ほどの費用で電動化できるのが特徴です。

手動と異なる電動の特徴

室外用のシャッターを電動化する工事を行うことにより、リモコン操作でスムーズな開閉ができるのが最大の特徴と言え、足腰に負担が掛からないのも魅力です。さらに電動化させることにより、ゆっくりと開閉するために不快となる金属音も静かであり、近隣に住宅が多い環境下の事業所の場合には騒音によるトラブルを防ぐことができる特徴があります。さらにリモコン機能を搭載させた場合には、どしゃ降りの雨にもうたれることなくリモコン1つでスムーズに開閉が可能ですし、車内から降りる必要もない特徴があります。さらに防犯対策として室外工事を行うケースも増えており、鍵のこじ開けによる防犯被害が起こらないために利用したいサービスとも言えます。