アスベスト除去や防火対象物点検【健康と安全保護レンジャー】

作業員

電動に変更する

作業員

シャッターにも様々なものがありますが、最近は電動シャッターを利用する企業が多くなっています。また、設置や交換など専門業者に依頼すれば最短で完了するので近くの業者に依頼をしましょう。

Read More...

被害を抑える

一軒家

少し前に話題となったアスベストですが、粉塵を吸い込んでしまえば人体に害を及ぼします。少量だと問題なくても蓄積されることで不調を起こすため、早めに除去を依頼することが大切です。

Read More...

点検をしっかり行なう

防火対象物点検施行の理由とチェック項目

作業員

防火対象物点検とは新宿の歌舞伎町での大火災で大勢の人が亡くなったため、消防法が大幅に改正され、その時に施行された制度が防火対象物点検制度といいます。この制度は防火対象物点検資格者によって消防法による点検項目を適正に実施されているか、チェックして消防署に報告する制度です。チェックする項目は、まずは法令で講習会を受けて登録されている防火管理者が選任されているか、また、消火、通報、避難訓練などを従業員全体で実施、消火器の使用訓練などもいっしょに消防訓練を実施しているか、また階段や後方作業場、事務所等の通路に避難時に障害になる障害物が置いていないか、防火戸の閉鎖に障害となる商品やダンボールなどを放置していないかなどあります。

チェック機能点検の流れと役割

さらに、カーテンなどの防炎対象物に防炎性能有ることをわかりやすい箇所に表示されているか、消防法の基準による消防施設、スプリンクラー、消火器、避難灯などが適正な場所に設置されているか、危険物が適正に管理されているか、上記の項目を一年毎に点検して、報告書を作成し、管轄の消防署に報告書を提出し、消防署がそれを基に点検審査を実施して、問題や指摘事項がない場合は受理されます。また消防署から発行される検査済証を表示することができます。火災等が発生して消火器やスプリンクラーや防火戸が適正に作動しなかった場合、大惨事になる可能性もあります。このような災害を未然に防ぐために、防火対象物点検制度が施行されています。

火災以外にも健康を害すものにアスベストがあり、アスベストが使用されていた場合は除去しなければなりません。これらは専門業者に依頼をすることが可能で、専門業者も様々となっています。例えば、今では多くの企業で導入している産業用の太陽光発電ですが、太陽光発電を設置してくれる専門業者もいます。目的に合わせて専門業者に依頼しなくてはならないので、事前に調べた上で業者に依頼すると良いでしょう。

コストを削減する

作業員

太陽光発電は、購入や設置で費用がかかってしまうものの設置してしまえば後は費用を抑えることが可能です。また、余った電力は売電することで初期費用を取り戻すことも出来るといえるでしょう。

Read More...